EN
分野・教員一覧
基幹講座
遺伝システム革新学分野

藤原 晴彦 教授 博士(理学)

Theme

進化遺伝学・分子生物学

Keyword

擬態、変態、染色体

Message

「擬態や変態」といった昆虫の興味深い発生現象、テロメアやリボソームDNAの特定部位にだけ転移する利己的遺伝子(レトロトランスポゾン)の適応戦略、の背景となっている分子機構を主に研究しています。「擬態・変態・染色体」は研究室のキャッチフレーズです。生命システムの適応戦略を進化的視点から解明したいと思っています。

※今年度、藤原教授は学生を募集しません。

研究者紹介

現在研究室で行っている、主なプロジェクトは下記のようなものです。
1.LINEって何?レトロトランスポゾン(LINE)の転移機構の解明と応用
2.奇妙な昆虫のテロメア:テロメアを標的とするメカニズムとその進化的背景
3.アゲハの幼虫は鳥の糞?昆虫体表の擬態紋様形成の分子メカニズム(写真1)
詳細については、研究室のホームページをご覧ください。
 これらの研究に加えて、シロオビアゲハという南西諸島に生息するアゲハチョウのベイツ型擬態の分子機構と生存戦略についても研究しています(写真2)。シロオビアゲハは、メスの一部だけがモデルであるベニモンアゲハという毒蝶に擬態していますが、その形質は複数の遺伝子から構成されるスーパージーンによって制御されています。近縁種であるナガサキアゲハのスーパージーンと比較しながら、その適応戦略や進化的背景、スーパージーン構築の謎に迫ろうとしています。

  • 写真1:ナミアゲハの若齢幼虫と終齢幼虫

  • 写真2:シロオビアゲハの擬態型メス

研究者略歴

1976年 東京都立戸山高等学校 卒業
1981年 東京大学 理学部 生物化学科 修了
1986年 東京大学 大学院理学系研究科 生物化学専攻 博士課程 修了(理学博士)
1986年 国立予防衛生研究所 技術部 研究員
1989年 東京大学 理学部 動物学教室 講師
1992-93年 米国ワシントン大学(シアトル)動物学科 リサーチフェロー
1993年 東京大学 理学部 広域理学 講師
1995年  同助教授
1999年 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 准教授
2004年  同教授