生命科学研究科 生命科学研究科 ― 東京大学大学院新領域創成科学研究科

実験廃液の廃棄

実験廃液の廃棄

1) 実験廃液については、毎月第4木曜日の午前中に環境安全研究センター柏支所で受け入れを行っています。排出は環境安全講習修了の資格が必要です。

2) ポリタンクは市販のものではなく、「環境安全研究センター」のものを使用します。ポリタンクはセンター柏支所から無料で貸し出されます。生命棟事務室にお問い合わせください。

3) 環境安全研究センターの定める廃液の分類に従ってください。廃液は、タンクの表面に『危』と書かれたライン以下まで入れてください。このラインを超えると引き取ってもらえません。また、沈殿物のあるもの、2相に分離したものなども回収されませんので注意してください。

4) 研究室で排出量が多いホルマリンとフェノール廃液については、それぞれ所定のガロン瓶に一旦入れるようにしてください。固形物の除去と水層・フェノール層の分離をしてから排出するようにしています。それ以外の廃液については、タンクに付けてあるメモ帳に内容を書いてから入れてください。排出する廃液に含まれる個々の物質の含有量が記載されていないと、環境安全センターでは回収できません。何がどのくらい入っているのか、実験廃液の詳細な記録をとっておく必要があります。