生命科学研究科 生命科学研究科 ― 東京大学大学院新領域創成科学研究科

中間発表

修士課程中間発表の案内(学生向け)

1.    先端生命科学総合演習として修士2年次に中間発表を行なう。原則として入学1年後に実施する(4月入学者は4-5月に、10月入学者は10-11月)。
2.    ポスター発表形式をとる。
3.    4-5月時には教員向けの審査会と他の学生に向けてのポスターセッションを行なう。10-11月時には教員向けの審査会のみ行なう。10月入学者は入学1年半後の4-5月時の学生向けポスターセッションに参加する。
4.    研究目的と研究方法の理解度を評価することを主目的とする。結果の多さや研究意義の高さに関しても加点評価する。結果の少なさや研究意義の低さに対しては、努力をしたことがわかれば大きな減点評価の対象となしない。その他、発表態度、ポスターの出来、説明のわかりやすさも評価に加味する。
5.    学生人数の多い4月入学者に対しては、1グループにつき3~4分野になるよう全学生を4グループに分けて審査を行なう。当該グループの分野の教員が審査員となる。10月入学者に対しては、学生当りの審査員数が4月入学者の場合と同等になるように、当該分野の教員に加え必要に応じ他の教員を補充する。
6.    発表の持ち時間は一人15分とし、発表5分、質疑9分、交代1分とする。
7.    成績評価が著しく低い場合、約3カ月後に再度中間発表を行う(再試)。
8.    当日発表者が欠席した場合、欠席の理由を指導教員が専攻教員に報告し、やむを得ない事情であると承認されれば、別途速やかに中間発表を行う。承認されない場合、再試扱いとする。
9.    再試で成績評価が著しく低い場合、次回以降の中間発表に参加することとする(再再試)。再再試以降は成績評価が著しく低い場合、次回以降の中間発表に参加することとする。中間発表に合格しない限り、修士論文発表をすることはできない。