生命科学研究科 生命科学研究科 ― 東京大学大学院新領域創成科学研究科

専攻の研究理念

 先端生命科学専攻は、21世紀において人類に課せられた生命科学関連の諸問題を解決するため、分子レベルから個体レベルに至る、基礎から応用までを網羅する次世代生命科学を創出することを目指して、1998年4月、新領域創成科学研究科の中の一専攻として設置されました。そのため本専攻には、生命科学の急速な展開に即応できるよう様々な学問的背景を持った教員が集結し、次のような先導的研究・教育を実施しています。

・生命の共通性と多様性の基本原理に迫る挑戦的な研究
・食、生物資源、環境、健康などに関する諸問題を解決する課題解決型研究
・学内外の研究所と連携して広範な生命現象や応用を探る横断的な研究

 本専攻は当初本郷キャンパスに設置され、2001年10月からは本郷、駒場、柏の本学三極構造の一翼を担う柏キャンパスに拠点を構えています。10の研究分野が「基幹講座」として柏キャンパスの生命棟で、さらに学内外の5つの研究分野が「連携講座」「兼坦分野」としてそれぞれの研究機関で、研究・教育を担当しています。