生命科学研究科 生命科学研究科 ― 東京大学大学院新領域創成科学研究科

活躍する先輩たち

大学・官公庁等

民間企業等

留学


修了生の進路

修士の修了生は、約2割が博士へ進学し、約8割が就職します。就職先は、食品・製薬・化学等生命科学関連の企業が主ですが、公務員や文系の企業もあり、社会のさまざまな分野で活躍しています。 博士の修了生は、博士研究員(ポスドク)を経て大学や官公庁等の研究機関に就職する人が多いですが、近年、民間企業の研究所への就職も増えており、民間企業に就職しにくいということはありません。

修了生の進路状況


就職支援

就職を希望する学生に対して、以下のような手厚いサポート体制があります。

専攻から:

  • 就職支援セミナー:
    就職サポート企業の担当者が就職活動に必要とされる様々な情報を提供し、希望者を募って模擬面接(個人、集団)を行います。
  • 会社説明会:
    当専攻の学生の応募を希望する企業の人事担当者が来訪し、企業紹介とその後の懇談を行います。

研究科から:

  • ジョイントワークショップ(企業紹介):
  • 40~50社の企業担当者が柏キャンパスを訪れ、企業紹介(仕事内容の詳しい説明などを含む)とその後の懇談会で質疑応答などを行います。

キャリアサポート室から:
キャリアサポート室は本郷キャンパスと柏キャンパスに設置され、就職に関する以下のような活動を行っています。

  • 就職関連情報の提供
  • 企業別卒業生リストの整備・閲覧提供
  • 就職活動に関する各種イベント・ワークショップの企画・運営
  • キャリアアドバイザーによるキャリア相談
  • 外国人留学生・ポストドクター向けのキャリア支援

卒業生との交流

修士あるいは博士課程を修了した卒業生が、毎年、10月下旬の「柏キャンパス一般公開」に合わせて開催される新領域同窓会「創域会大会」に集まり、在学生と交流しています。また、各学年や数学年毎の同窓会が活発に開かれており、同窓生同士や教員との強いつながりを保っています。そして、在学生の就職相談など様々な形で専攻をバックアップしています。

2005-2007年度卒業生同窓会の様子(2013年11月、三井ガーデンホテル柏)